books-1012088_1920
※この調査は継続中のため,暫定版としてご利用ください。適宜更新を続けます。

犯罪心理学は,どこで学べる?

犯罪心理学を学びたいけど,どこの大学にいけばいいんだろう?

そんなふうに考えている方,意外とたくさんいらっしゃるようです。

このブログでも「犯罪心理学 大学」というキーワードでのアクセスが多くて,この記事は常に人気記事になっています。

さて,そうした犯罪心理学が学べる大学を探している方へ向けて,犯罪心理学会では『犯罪心理学開講大学一覧』をホームページに掲載しています。
 
おそらく,犯罪心理学が学べる大学をまとめたリストは日本ではここくらいしかないと思います。
 
なので,犯罪心理学に興味がある方のなかには,このリストを大学選びの参考にされた方も多いのではないでしょうか。

犯罪心理学者は,どこにいる?

じつは,犯罪心理学会のリストにはひとつ落とし穴があります。

それは,このリストがあくまで犯罪心理学の講義を受けられる大学のリストだということです。
 
つまり,この中には,外部から講師を呼んでいて犯罪心理学が専門の教員がいない場合もあるんです。
 
この場合,単純に「興味があって講義を受けてみたい」という場合は犯罪心理学会のリストで十分ですが,「卒業論文で犯罪心理学の研究をしたい」,「大学院で犯罪心理学の研究をしたい」,「将来犯罪心理学に関わる仕事に就きたい」といった方にとっては,大学に行ってはじめて「あれ,犯罪心理の先生いないの?」ということにもなりかねません。
 
そうした不幸な行き違いを避けるため,今回は,より深く,長期的に犯罪心理学の学習や研究ができる可能性の高い大学をまとめました。

わたし自身,本気で犯罪心理学を勉強しようと思ったときに大学選びで苦労した経験があるので,少しでも,この分野をめざす方の参考になればと願っています。
 
なお,あくまでより深く学びたい方への情報ということで,ここに載っていない大学では犯罪心理学を学べない,ということではありません。あしからず。
 

まとめの基準

今回の調査では,より深い学びを求める方の要求にこたえるために,犯罪心理学分野の第一線で研究活動と学生の指導をしている大学を選びました。選別の基準は以下のとおりです。
  • 犯罪心理学の講義を開講している(犯罪心理学会の『犯罪心理学開講大学一覧』を参照)
  • 犯罪心理学が専門の教員がいる(最近,犯罪心理学に関する執筆・研究活動をしている教員がいる:※1)
  • 学生に犯罪心理学の研究指導をしている(最近,在学生が犯罪心理学に関する研究発表をしている:※2)
大学はエリアごとにまとめていますので,興味のあるところを確認していただければと思います。

では,どうぞ! 

東北エリア

  • 岩手大学(岩手県盛岡市)
  • 東北大学(宮城県仙台市)

東北エリアは,いまのところ国立の2大学が有力です。

どちらも東日本大震災の一番の被災地域ということで,さいきんでは震災と関連づけた犯罪の研究がさかんに行われています。大学院生の学会発表も,このテーマが比較的多い印象です。

災害と犯罪を関連づけた研究は重要なテーマですが,データを集められる地域が限られているので,他の地域ではあまり見られない珍しい研究です。とくにこの分野に興味のある方には,これらの大学がおすすめです。
 
ほかにも,東北大学には,人の攻撃性感情などのテーマが専門の先生が在籍されているので,希望すれば,攻撃性関係の基礎的な研究も指導してもらえるかもしれません。
 
また,岩手大学には,科学警察研究所で地域の犯罪不安プロファイリングの研究をしていた先生が在籍されているので,それらのテーマで指導をしてもらえる可能性があります。

関東エリア

  • 埼玉工業大学(埼玉県深谷市)
  • 駿河台大学(埼玉県飯能市)
  • 駒沢女子大学(東京都稲城市) 
  • 東洋大学(東京都文京区)
  • 法政大学(東京都千代田区)
  • 目白大学(東京都新宿区)
  • 早稲田大学(東京都新宿区)
  • 専修大学(神奈川県川崎市)
  • 日本女子大学(神奈川県川崎市)
 
関東は大学の数も多く,大学ごとにさまざまなバックグラウンドをもつ先生が在籍されています。

たとえば,大学で長く研究を続けられている先生(駿河台)もいれば,科学捜査研究所(法政,東洋)や家庭裁判所調査官(駒沢女子,専修,日本女子),法務省の矯正局(埼玉工業,目白,早稲田,駿河台)や保護局(駿河台)といった,現場の第一線を経験した先生も各大学に在籍されています。
 
学生による研究発表もさかんで,より身近なテーマ(いじめ,DVなど)の研究がひろく行われているのも関東の特徴です。

いままでの発表を見ると,いじめ(早稲田,駿河台),DV・ハラスメント(早稲田,法政,駿河台),ストーキング(駒沢女子),痴漢(法政,駿河台),クレーマー(東洋),子供への声掛け事案(東洋),自動車の傷つけ行為(東洋)といったテーマが研究されています。
 
ほかにも,プロファイリングに近い分野として,犯罪者の行動特徴を調べたり分類する研究が,おもに新聞のデータ(法政,駿河台)や裁判記録(駿河台)を使って行われています。

近畿エリア

  • 奈良女子大学(奈良県奈良市)
  • 追手門学院大学(大阪府茨木市)
  • 関西国際大学(兵庫県三木市)
 
近畿エリアには,大学での研究活動をメインに続けられてきた先生がいる大学(奈良女子大学,追手門学院大学)と,捜査や裁判など複数の領域の先生がいる大学(関西国際大学)があります。

奈良女子大学では,おもに攻撃性逸脱行動といった基礎研究,また,非行からの立ち直りなどが研究されています。

追手門学院大学では,防犯活動犯罪不安などの,より学生が当事者意識を持ちやすいテーマを中心に研究が行われています。

関西国際大学は,全国でもめずらしい犯罪心理学コースを開設しており,学生の研究発表も,警察で行われているポリグラフプロファイリング,裁判での量刑判断などの比較的現場に近いテーマが中心になっています。

中国・四国エリア

  • 福山大学(広島県福山市)
  • 徳島文理大学(徳島県徳島市)
 
このエリアでは,中国地方と四国にそれぞれ1校ずつ大学が見つかりました。
 
福山大学は,科学捜査研究所OBの先生のもと,ポリグラフ検査などの捜査にかかわる研究から,防犯灯や防犯カメラの効果地域安全マップといった地域の防犯活動に関する研究もさかんに行われています。 
 
徳島文理大学では,とくに非行少年や犯罪者の社会復帰をめざした,施設環境の改善や就労支援といったテーマが研究対象になっています。

九州・沖縄エリア

  • 福岡大学(福岡県福岡市)

九州エリアでは,いまのところ1校だけが見つかっています。

福岡大学では,目撃証言を専門に研究されている科学捜査研究所OBの先生が在籍されていて,目撃証言はもちろん,児童自立支援施設での再非行防止プログラムや,テロ諜報活動などの幅広い分野の研究が行われています。

さいごに

あなたの求める大学は見つけられたでしょうか?

調査の手違いでまとめからもれている大学もあるかもしれませんので,今後も調査は継続して,随時更新する予定です!


※1 過去4年以内に,単著・共著・査読の有無を問わず,書籍または論文として発表されたものが対象

※2 過去4年以内に,日本心理学会または日本犯罪心理学会の年次大会で発表されたものが対象


ご案内:記事のコメント欄またはFacebookグループでご質問を受け付けています

write62

犯罪心理学の大学選びや就職活動などに関するご質問を,こちらの記事のコメント欄で受け付けています。

情報共有のためのFacebookグループ「犯罪心理学相談所」もエントリーを受け付けていますので,犯罪心理学を勉強したい,研究をしてみたい,専門家として仕事にしたい,といった方はご活用ください。



はじめての方へのおすすめ記事
犯罪心理学ってなに? 
専門家ではないあなたが犯罪心理学を学ぶべきたったひとつの理由 
さあ、学びをはじめよう。犯罪心理学のおすすめ入門書3選

本気で学びたい人へ!どこよりも詳しい大学リスト 
【全国】犯罪心理学が学べる大学・大学院16選 

犯罪心理は潰しがきかない?いろんな仕事がありますよ! 
犯罪心理学にかかわる仕事をご紹介 

犯罪を分類して理解しよう 
さまざまな犯罪の類型 

犯罪の原因を探る 
人はなぜ犯罪をするのか  

write62 
犯罪心理学に関するご質問を受付中!Facebookグループもあります。